【空中無双】ルーク・デ・ヨングのバルセロナでの活躍まとめ!

ラリーガ

高身長を生かしたヘディングで、バルセロナを勝利に導く活躍をしている「ルーク・デ・ヨング」

途中出場で、期待に応えるゴールを決めることから「ルーク・デ・ゴール」と呼ばれるようになりました。

今でこそバルセロナの戦力になっていますが、移籍当初は結果を残すことはできず、サポーターからは「バルセロナの選手のクオリティではない」などと言われていました。

この記事では、「ルーク・デ・ヨングのファンを見返すほどの活躍」をまとめた記事になっています!

ぜひご覧ください!

ルーク・デ・ヨングのプロフィール

国籍オランダ🇳🇱
所属クラブFCバルセロナ🇪🇸
背番号17
生年月日1990年8月27日
身長188cm
体重86kg
利き足
ポジション

ルーク・デ・ヨングはCFとしてプレーし、高身長を生かした「ヘディング」でのシュートが得意な選手です。

オランダリーグでプレーしていた頃には、34試合で28ゴールを記録し得点王になった経験もあります。

ルーク・デ・ヨングの活躍

3戦連続ゴール

冬での放出が噂されている中、3戦連続でゴールをする活躍をして、チャビ監督へのアピールに成功しました。

この活躍で、ルーク・デ・ヨングの実力を疑問視していたサポーターを見返すことに成功しました。

2022年1月2日ラリーガ第19節「マジョルカ」戦

先発として起用されたこの試合では、44分にミンゲサのクロスに頭で合わせ先制点を決めました。

バルセロナはこの得点を守り切り、1−0で勝利しました。

2022年1月8日ラリーガ第20節「グラナダ」戦

この試合では、56分に「ダニ・アウヴェス」のクロスをヘディングでゴールしました。

2022年1月20日スーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝「レアル・マドリード」戦

クラシコでは先制点を決めました。

試合終了間際に決めた同点ゴール

2022年ラリーガ第24節「エスパニョール」戦、89分から途中出場したルークは、試合終了間際の90+6分に同点ゴールを決めした。

エスパニョールに13年ぶりに負けるかと思われましたが、ルークのゴールによってチームは救われました。

チームを救う決勝点

2022年4月ラリーガ第31節「レバンテ」戦、84分に途中出場し、90+2分に決勝点を決めました。

レバンテに2点先制された状態からの逆転に貢献しました。

まとめ

途中交代で、チームやサポーターの期待に応える姿を見て、ルークを好きになった人は多いと思います。

筆者の私もその1人です。

できれば来季もバルセロナでプレーしている姿を見たいですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました